そしてメインは…

d0126619_23403887.jpg

もちろん「唐長」さん。

今回は工房に案内していただきました。

どのように版木の模様を和紙に写し取るか。
(詳しくは本物探検隊ブログ参照)
熟練の技と経験と自然の恵がなしえる技です。

写真と同じ兎ちゃんの版木を使ってレクチャーしていただきながら仕上げてくださりM隊長が代表で受け取りました。レクチャーしていただいたのは 薄い白に近い黄緑色でした。
色が違うと雰囲気も全く変わる。不思議〜。

普通の住宅街にある修学院の二カ所の工房共に入口に足を踏み入れた途端、唐長当主夫妻ワールド。
時間の経つのも忘れ…いつか唐長に囲まれた部屋に住みたいと うっとりと眺め続けました。
[PR]

by daiko_sus | 2009-09-11 23:40 | 本物さん。  

<< 寄り道。 こちらは雲柄 >>