伊庭貞剛

伊庭貞剛・・・。
これを名前だと認識できた方は、かしこい!
初めて聞いた時、私は人だともわかりませんでした。008.gif

先日 所属している滋賀中小企業家同友会の支部総会の記念例会として
お話をお聞きしました。
煙害が発生した別子銅山に支配人として赴任し、別子全山を元の緑あふれる姿に戻し
大自然に返さねばならないと山林保護の方針を立てます。
合わせて製錬所を四阪島という離島に移します。

・・・。

む、難しいことは伊庭さんとこのリンクを参考にしてください。(^^;)

この講演の中で一番心に残った言葉は
     晩晴(ばんせい)
意味は、一生懸命生きた証。晩年歳を取った時に心が晴れやかになるよう日々を暮らしていく。
みたいなことらしいです。
長いのか短いのか、私の一生はこれからどんな風になるのかわかりませんが
悔いなく最後の最後には心晴れ晴れとなれる人生を歩みたいと思います。
そのためには、すこしでも様々なことを学べる場に参加し正しい企業のあり方正しい経営判断
正しい生き方を自分なりに模索しながら追求し続けていければと思っています。
[PR]

by daiko_sus | 2008-05-08 19:10 | 同友会  

<< かっこいい人 バリアフリー展 >>