著名人に学ぶ。

中村文昭氏大嶋啓介氏の本に学ぶ

今回は支部を越え、湖南支部の小棟梁さんの報告となりました。
レジュメだけではなく『磨け人間力』という本をまるまる50ページ
印刷して用意してくださいました。

中村氏は歴史上の人物ではなく現在奮闘中の若手企業家というのもリアルでたいへん
興味深く、そのサクセス自体も物語よりも物語らしくユニークな人生です。
家出同然ででてきた東京での友人第1号は職務質問された警察官。
居酒屋で知り合った運命のリーダー田端さんに弟子入りし3年間の修行が始まります。
一見傍若無人なそのリーダーの言動は人間力を高める修行でもありました。

その中村氏に辿りつくのは朝礼で有名な大嶋氏だったそうです。 
独立志願者のみをスタッフとして迎え入れリーダー育成の環境を確立するという
独特なスタイル。お二人との出会いから夢は叶う・本気は伝わる・お金の価値在る使い方・
頼まれごとは試されごと等のたくさんの気づきがあったそうです。

本との出会いまたその人自身に深く感銘を受け、まさに今小棟梁さん自身
大きな転機を迎えていらっしゃいます。

余談になりますが、私は“人が変わる瞬間”小棟梁さんが変わった瞬間を目の当たりに
しました。今年の春のことです。
じっと下を向いていた小棟梁さんがクッと頭を上げた瞬間、びっくりするぐらい表情も明るく
サッパリさわやかなお顔をされていたこと。そして、その後の行動。心に響きました。

小棟梁・・・タビックスに穴を開けてるだけではありません!
[PR]

by daiko_sus | 2008-10-28 11:52 | 同友会  

<< ありがとう展 着物でGO! >>