カテゴリ:未分類( 276 )

 

領土問題。

先日MLにて、下記の内容がまわってきました。
わたしの思いと、とても近いので紹介したいと思います。

領土問題で日本の危険な騒ぎたてるナショナリズムが出てきたので、まともな歴史的事実を踏まえた良心的な人たちが声明を出すと言って、賛同者を集めているとのこと、作家の大江健三郎氏も賛同、署名しているそうです。
私も完全に賛同します。皆さんもしっかり読んで、この事実を頭に叩き込んでください。


「領土問題」の悪循環を止めよう!
日本の市民のアピール   
            2012年9月28日  

1、「尖閣」「竹島」をめぐって、一連の問題が起き、日本周辺で緊張が高まっている。 
2009年に東アジア重視と対等な日米関係を打ち出した民主党政権の誕生、また2011年3月11日の東日本大震災の後、日本に同情と共感を寄せ、被災地に温家宝、李明博両首脳が入り、被災者を励ましたことなどを思い起こせば、現在の状況はまことに残念であり、悲しむべき事態であるといわざるを得ない。
韓国、中国ともに日本にとって重要な友邦であり、ともに地域で平和と繁栄を築いていくパートナーである。
経済的にも切っても切れない関係が築かれており、将来その関係の重要性は増していくことはあれ、減じることはありえない。
私たち日本の市民は、現状を深く憂慮し、以下のように声明する。 

2、現在の問題は「領土」をめぐる葛藤といわれるが、双方とも「歴史」(近代における日本のアジア侵略の歴史)問題を背景にしていることを忘れるわけにはいかない。
李大統領の竹島(独島)訪問は、その背景に「従軍慰安婦」問題がある。
昨年夏に韓国の憲法裁判所で出された判決に基づいて、昨年末、京都での首脳会談で李大統領が「従軍慰安婦」問題についての協議をもちかけたにもかかわらず、野田首相が正面から応えようとしなかったことが要因といわれる。
李大統領は竹島(独島)訪問後の8月15日の光復節演説でも、日本に対し「従軍慰安婦」問題の「責任ある措置」を求めている。
日本の竹島(独島)領有は日露戦争中の1905年2月、韓国(当時大韓帝国)の植民地化を進め、すでに外交権も奪いつつあった中でのものであった。
韓国民にとっては、単なる「島」ではなく、侵略と植民地支配の起点であり、その象徴である。
そのことを日本人は理解しなければならない。 
また尖閣諸島(「釣魚島」=中国名・「釣魚台」=台湾名)も日清戦争の帰趨が見えた1895年1月に日本領土に組み入れられ、その3カ月後の下関条約で台湾、澎湖島が日本の植民地となった。
いずれも、韓国、中国(当時清)が、もっとも弱く、外交的主張が不可能であった中での領有であった。

 3、日中関係でいえば、今年は国交正常化40年であり、多くの友好行事が計画・準備されていた。
友好を紛争に転じた原因は、石原都知事の尖閣購入宣言とそれを契機とした日本政府の国有化方針にある。
これは、中国にとってみると、国交正常化以来の、領土問題を「棚上げする」という暗黙の「合意」に違反した、いわば「挑発」と映っても不思議ではない。
この都知事の行動への日本国内の批判は弱かったといわざるをえない。
(なお、野田政権が国有化方針を発表したのは7月7日であった。この日は、日本が中国侵略を本格化した盧溝橋事件(1937年)の日であり、中国では「7.7事変」と呼び、人々が決して忘れることのできない日付であることを想起すべきである)  

 4、領土問題はどの国のナショナリズムをも揺り動かす。
国内の矛盾のはけ口として、権力者によって利用されるのはそのためである。一方の行動が、他方の行動を誘発し、それが次々にエスカレートして、やがて武力衝突などコントロール不能な事態に発展する危険性も否定できない。
私たちはいかなる暴力の行使にも反対し、平和的な対話による問題の解決を主張する。
それぞれの国の政治とメディアは、自国のナショナリズムを抑制し、冷静に対処する責任がある。
悪循環に陥りつつあるときこそ、それを止め、歴史を振り返り、冷静さを呼びかけるメディアの役割は、いよいよ重要になる。 

5、「領土」に関しては、「協議」「対話」を行なう以外にない。そのために、日本は「(尖閣諸島に)領土問題は存在しない」といった虚構の認識を改めるべきである。
誰の目にも、「領土問題」「領土紛争」は存在している。この存在を認めなければ協議、交渉に入ることもできない。
また「固有の領土」という概念も、いずれの側にとっても、本来ありえない概念といわなければならない。

 6、少なくとも協議、交渉の間は、現状は維持されるべきであり、互いに挑発的な行動を抑制することが必要である。
この問題にかかわる基本的なルール、行動規範を作るべきである。  
台湾の馬英九総統は、8月5日、「東シナ海平和イニシアティブ」を発表した。自らを抑制して対立をエスカレートしない、争いを棚上げして、対話のチャンネルを放棄しない、コンセンサスを求め、東シナ海における行動基準を定める など、きわめて冷静で合理的な提案である。
こうした声をもっと広げ、強めるべきである。

 7、尖閣諸島とその周辺海域は、古来、台湾と沖縄など周辺漁民たちが漁をし、交流してきた生活の場であり、生産の海である。台湾と沖縄の漁民たちは、尖閣諸島が国家間の争いの焦点になることを望んでいない。
私たちは、これら生活者の声を尊重すべきである。  


8、日本は、自らの歴史問題(近代における近隣諸国への侵略)について認識し、反省し、それを誠実に表明することが何より重要である。  
これまで近隣諸国との間で結ばれた「日中共同声明」(1972)「日中平和友好条約」(1978)、あるいは「日韓パートナーシップ宣言」(1998)、「日朝平壌宣言」(2002)などを尊重し、また歴史認識をめぐって自ら発した「河野官房長官談話」(1993)「村山首相談話」(1995)「菅首相談話」(2010)などを再確認し、近隣との和解、友好、協力に向けた方向をより深めていく姿勢を示すべきである。 
また日韓、日中の政府間、あるいは民間で行われた歴史共同研究の成果や、日韓関係については、1910年の「韓国併合条約」の無効を訴えた「日韓知識人共同声明」(2010)も、改めて確認される必要がある。  


9、こうした争いのある「領土」周辺の資源については、共同開発、共同利用以外にはありえない。
主権は分割出来ないが、漁業を含む資源については共同で開発し管理し分配することが出来る。
主権をめぐって衝突するのではなく、資源を分かち合い、利益を共有するための対話、協議をすべきである。
私たちは、領土ナショナリズムを引き起こす紛争の種を、地域協力の核に転じなければならない。  

10、こうした近隣諸国との葛藤を口実にした日米安保の強化、新垂直離着陸輸送機オスプレイ配備など、沖縄へのさらなる負担の増加をすべきでない。  

11、最後に、私たちは「領土」をめぐり、政府間だけでなく、日・中・韓・沖・台の民間レベルで、互いに誠意と信義を重んじる未来志向の対話の仕組みを作ることを提案する。
[PR]

by daiko_sus | 2012-09-28 10:03  

-

いよいよ今年が暮れようとしています。
私個人的には、本当に素晴らしい出逢いとたくさんの学びの多き一年でした。
出逢いについては、なぜに私のような者がこれほどまでに素晴らしい方々に出逢えるのか不思議なぐらいでした。それは、どなたかが必ず引き合わせてくださる、いわば赤い糸のよう…。
よく赤い糸は恋愛に用いられますが、私には恋愛なんて絞りこんだものではなく私の人格と言うか、人生を変えてしまうような糸が次々とやって来たような幸せな一年でした。
今年を振り返り、やはり一番に思いが至るのは東日本大震災です。衝撃的であり、なんて私は今までなにも考えず、また知らずにいたのかと知ることができました。
被災地の方々のやり場のない無念を私なりに足りない頭で考えても悲しいなんてもんじゃない
苦しくて、苦しくて…。

私には12歳年上の兄がいました。30歳の時、胃がんで亡くなりました。
病気でしたので、すこしは予測をしていたにも関わらず亡くなる前後何日かは、一体なにをしていたのか記憶がボンヤリしています。
兄の死を境に「私はなんのために産まれてきて、なんのために生きているのか」そればかり考えていたように思います。
今年お知り合いになった方が、私にようやく答えを運んできて下さいました。
「産まれてきてよかったんだ。何故ならば…の、…を仕上げていくのが人生」だと。
また「この世にあるものはすべて意味がある。無くて、たまるか!」ともおっしゃいました。
今年ようやく、繰り返し考えてきたなんのために生きているのかという呪縛から外れて、
この何故ならば…の続きを考えていく人生に切り替わりました。そして、たぶんこの何故ならば…は、一人でどないかなるものではないのです。
しあわせも一人では、なれないのです。
苦しいことも、悲しいこともいつか必ず、温かい陽だまりがやってくるのです。
悲しみでいっぱいの人は、笑っていいのです。元気になっていいのです。
そして、それはやはり誰かが運んできてくれるのです。
除夜の鐘が鳴りだしてます。
忘れられない年になりました。

大丈夫!
来年以降は爆笑につぐ、爆笑でヒーヒー言える年になるはずです。なんせ、昇り竜ですから〜♪(´ε` )

あ。(⌒-⌒; )
年賀状、一枚も書いておりません。
け、け、経費削減です…。
お許し下さいませ。
[PR]

by daiko_sus | 2012-01-01 00:01  

原発についての詩…?

これ、サイコーです。
ぜひ聴いてみて下さい

youtube
[PR]

by daiko_sus | 2011-11-30 00:00  

薪のある暮らしかた研究会。

d0126619_1549525.jpg

d0126619_1549564.jpg

まだまだ実験の途中ですが、
----
今日は大阪同友会の方々が来られてます。
なんと、NHKの取材も!
まぁ、地元のニュースですが。。
[PR]

by daiko_sus | 2011-10-28 15:49  

12月9日

今日は真珠湾攻撃の日
    ジョン・レノンが死んじゃった日

明日は何の日~♪

荷やんに教えていただきました。
  『障がい者の日』なんだって。

よければ、上記リンクへ飛んで 一度目を通してみてください♪
[PR]

by daiko_sus | 2010-12-08 18:27  

ホリデーホーム6

d0126619_2341780.jpg

栗とミントのアイス。
このホテルは3組しか泊まれない小さなホテルです。
よく知らない方とも、写真撮影しあったり話しが弾みます。
神戸から、浜松?からと遠方からこられてました。

d0126619_234175.jpg

これは部屋にあった本。
こんなのあると、嬉しいのです。

この安井さんが建築されたそうです。
最近お亡くなりになっているのですね。。

最近は近くで熊が出没するらしい。危ないので早々に寝ます。
[PR]

by daiko_sus | 2010-11-29 23:04  

ホリデーホーム3

d0126619_2256731.jpg

d0126619_2256762.jpg

いよいよホテル

暗くなってから到着したのがもったいない!
イギリスの片田舎へ、ワープ!
コッツウォルズ地方みたい。
…って、行ったことないけど。
[PR]

by daiko_sus | 2010-11-29 22:56  

JAZZ FES

d0126619_2314237.jpg

でた 037.gif053.gif

びわこJAZZフェスティバルin東近江 の自販機登場

ぬぁんと、通常より10円安い!

是非、喉を潤すのは この自販機で。おいしくて、しかも飲むだけで地域貢献!
[PR]

by daiko_sus | 2010-11-02 23:14  

本!

d0126619_23104681.jpg

長野県の伊那食品工業の塚越会長の本です。
お話しも、とてもわかりやすかったので読むのが楽しみです。
[PR]

by daiko_sus | 2010-11-02 23:10  

湖の国のかたち四季物語ツアー“秋”

みなさま
御世話になります。

今回は 《湖の国のかたちをつくる会》主催の
現場を知る×歴史を知る×自然を愛でる×うまいもんを食べる
まるごと滋賀ツアー

『湖の国のかたち 四季物語“秋”
~彦根仏壇 七職家に学び、秋の味覚を楽しみ、
彦根玄宮園 虫の音を聴くツアー~』


を開催させていただきます。

案外知らない滋賀のこと、
もっと
ちゃんと
たっぷりと
私たちと一緒に愉しみながら学びませんか?

開催日時: 9月28日(月)13:30~20:00
集合場所:JR彦根駅 西口

みなさまのご参加お待ちしております。
詳しくは、ファブリカ村のHPにて。
御問合せ先:株式会社大鋼製作所 つつみまで
TEL0748-58-1555
FAX0748-58-1556
[PR]

by daiko_sus | 2010-09-16 16:41