「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:おでかけ( 106 )

 

3月20は滋賀県においでよ!

いよいよ1ヶ月をきりました。
杜のたからさがし2012

是非みんなで杜の中で 遊びましょ!^^
[PR]

by daiko_sus | 2012-02-22 20:33 | おでかけ  

ゴジカラ村

みなさま。
ゴジカラ村ってご存じですか?

一昨日の25日に東近江市にゆかりのある方々と
愛知県長久手市にあるゴジカラ村に視察にいきました。
(後程 写真UPします!)

ゴジカラ村の吉田村長は
1月24日より、なんと長久手市のほんものの市長になりました。
市長と直接御話しできたのは、すこしでしたが
雑木林をどのように活かすか・・・
人をどのように活かすか
いかに暮らすかを軸に
まずは幼稚園をつくり、高齢者へと杜が広がっていったようでした。

こちらも“まざる”がキーワードでした。特別養護老人施設の横に保育所があり
好きな時に、交流ができます。
昨年よりいろいろとご指導いただいてる須藤シンジさんの提唱されている
『ピープルデザイン』の村なのです。
みんな違ってみんないい!なんです。

吉田市長も 私の大好きな熊野さんと同じく
『この世にあるすべてのものには無駄がない』というお考えをお持ちです。
素晴らしい方でした。
ちょっと長いですが、よくわかりますのでよければ下記読んでみてください。
愛知たいようの杜の建物づくり

一見破天荒ともとれる吉田市長ですが、市長のやりたいように好き放題していただいたら
とてもユニークな且ついままでにない地域になると感じました。
なんと長久手には4つも特色のある大学があります。
新興住宅と旧の住宅が混在しています。未来に向けても魅力的な地域です。

市長にこれからのエネルギーのこと
お金をいかに地域内でまわせるように具体的になにをしていくのか質問しました。
エネルギーについては、まだ模索中のようでしたが
お金については
『夢のみずうみ村』のお金の使い方をヒントにしていきたいということでした。
私も以前TVかなんかで、こちらについて知っていました。
ここは、利用者がお金を使うばかりではなく、利用者がお金を稼ぐことができる
システムになっています。
なんとギャンブルもできます!笑
このようなしくみを長久手市内で活用できないかということでした。
市民自身が普請をする・・というかたちで。

どちらの施設もとてもすばらしいですね。
特にゴジカラ村の駐車場に降り立ち『もりのがくえん』を初めて見た
感動的な風景は忘れられません。
子供たちが雑木林から元気に飛び出してきました。
落ち葉で焚き火をしていました。
あんな幼稚園の風景みたことないです。

子供達が雑木林を踏みしめている風景を見ながら、これからは
豊かさを求め、わけること・効率ばかり追い求めていた時代
整備されたアスファルトの道をつくるのではなく
雑木林をみなで踏み固め けもの道になりやがて人が行き交う道に
ゆっくりぼちぼちなっていく。そんな時代になったように感じました。
日本、せめて私のそばの滋賀県は『時間に追われない国』 になりたいなー。

私の大好きな田村一二先生の本『茗荷村見聞記』のまさに実写版でした。


あぁ・・・
それにしてもゴジカラ村の中にある“バーあのよ”行きたかったなぁ~。
[PR]

by daiko_sus | 2012-01-27 16:36 | おでかけ  

杜のたからさがしinヘムスロイド村

地元の湖東町というところでイベントやります。

なぜか、私も参加させていただいています。


 『杜のたからさがし』

ここはヘムスロイド村。
妖精が住んでそうな鬱蒼とした杜の中に作家さんたちのアトリエがあります。

ある日、この村の住人が立ち上がりました。
「自分達にしかできないことがしたい。」

そうです。
あの3.11を境に人生が大きく変わってしまった人たち。
たまたま あの場所で起こったのです。
でも、遠く離れていても何かできることはあるはず。

その住人の声を聞き、志を同じくする仲間が集まりだしました。
作家や御菓子をつくってる人、ヨガを教えてる人、おいしい珈琲をいれる人
カメラマンもいますね。。
職種は違っても、思いは同じ。
誰もがしあわせを感じてもられるお仕事がしたい。
人もものも大切に大切にしたい。

そして、縁あって被災地から この滋賀県へ来られてる方々に
「ようこそ!」
そんな機会をもちたいね。。

じゃ~・・・杜の中で一緒に遊ぶ?

ヘムスロイド村で、一緒にたからさがししましょ。
きっと楽しいよ。
[PR]

by daiko_sus | 2012-01-11 10:41 | おでかけ  

きのもとをあるく⑩

今回のイベントは歩いて観光するだけじゃない!

もしかしたらここからが本番?
d0126619_18421982.jpg

木之本のいいところ
滋賀のいいところ 発見!のワークショップです。

この湖北独特の「おこない」という文化?行事?があるそうです。
同じ滋賀でも おこないって知らんなぁ。。 
さすがに今回 第一回目に集まってきたのは先鋭揃い!!
どんどん話しが膨らんでいきます。

最期のお楽しみの交流会♪
d0126619_18421966.jpg

おかーちゃんの会という、これまた 今回のイベントの主要なメンバーの
おかあさんぐらいの歳の方々が用意してくださいました。
海老以外は ぜーんぶ産地の食材だって!

お昼ごはんも竹の皮で包んだ おにぎりだった。
あまりの嬉しさに小躍りした。

誰や?
法事みたいやっていうてるの^^;
最近はこんなスタイルの法事さえもなくなってきました。

若人には案外新鮮かもね。

このイベントを主催した『KOKOKU』のメンバーは
20台後半から30台半ばぐらいでしょうか?
そこへそのメンバーのご両親世代を巻き込む状態になっています。
(実際、我が息子が来れない代わりに父または母が参加というのも見かけました)
たいへん面白いコミュニティースタイルだと思います。

KOKOKUイケメンズ男子集団から目が離せませんよー!
[PR]

by daiko_sus | 2011-06-06 18:42 | おでかけ  

きのもとをあるく⑨

日本酒の製造方法をご説明してくださる冨田さん
d0126619_1841499.jpg


写し忘れましたが、 冨田酒造さんとこの昔の電話番号は十三番でした。
大幸さんの次の番号ですね。
d0126619_1841496.jpg

かの魯山人もこよなく愛し、永らく逗留したこともあるそうです。

酒糟ジェラードももちろん食して。。

ほんとに街並みも歴史も人も魅力いっぱいですね。
[PR]

by daiko_sus | 2011-06-06 18:41 | おでかけ  

きのもとをあるく⑧

よっ!
でた!! 冨田酒造さん
d0126619_16594775.jpg


この機械 大幸醤油さんと同じものらしいです。
もちろん、こちらはお酒を絞ります。
d0126619_16594710.jpg

[PR]

by daiko_sus | 2011-06-06 16:59 | おでかけ  

きのもとをあるく⑦

歩いてると つくづく魅力的な街だとおもいます。
d0126619_16554911.jpg


ここは「うだつ」が上がりまくってることでも有名らしい。
d0126619_16554977.jpg

[PR]

by daiko_sus | 2011-06-06 16:55 | おでかけ  

きのもとをあるく⑥

あっ!
昔のレジスターだ!
d0126619_16532311.jpg


籐の乳母車まであります。
この乳母車まだ使えるそうです!
d0126619_1653237.jpg

[PR]

by daiko_sus | 2011-06-06 16:53 | おでかけ  

きのもとをあるく③

次は大幸醤油さん
大幸・・・だいこうさんと読みます。うちと一緒や!
d0126619_16432119.jpg


醤油を絞る機械だそうです。
d0126619_16432154.jpg

[PR]

by daiko_sus | 2011-06-06 16:43 | おでかけ  

きのもとをあるく④

木之本も京都と同じく家の間口で税金が決ったそうです。
だから京都と同じように 鰻の寝床のように奥へと深い敷地です。

奥まで入れていただき ご説明してくださいました。
d0126619_16434056.jpg


大幸さん、昔は薬も売ってたそうです。
・・・「首より上の薬」・・・って、なんじゃらほい??
d0126619_16434031.jpg

[PR]

by daiko_sus | 2011-06-06 16:43 | おでかけ