-

いよいよ今年が暮れようとしています。
私個人的には、本当に素晴らしい出逢いとたくさんの学びの多き一年でした。
出逢いについては、なぜに私のような者がこれほどまでに素晴らしい方々に出逢えるのか不思議なぐらいでした。それは、どなたかが必ず引き合わせてくださる、いわば赤い糸のよう…。
よく赤い糸は恋愛に用いられますが、私には恋愛なんて絞りこんだものではなく私の人格と言うか、人生を変えてしまうような糸が次々とやって来たような幸せな一年でした。
今年を振り返り、やはり一番に思いが至るのは東日本大震災です。衝撃的であり、なんて私は今までなにも考えず、また知らずにいたのかと知ることができました。
被災地の方々のやり場のない無念を私なりに足りない頭で考えても悲しいなんてもんじゃない
苦しくて、苦しくて…。

私には12歳年上の兄がいました。30歳の時、胃がんで亡くなりました。
病気でしたので、すこしは予測をしていたにも関わらず亡くなる前後何日かは、一体なにをしていたのか記憶がボンヤリしています。
兄の死を境に「私はなんのために産まれてきて、なんのために生きているのか」そればかり考えていたように思います。
今年お知り合いになった方が、私にようやく答えを運んできて下さいました。
「産まれてきてよかったんだ。何故ならば…の、…を仕上げていくのが人生」だと。
また「この世にあるものはすべて意味がある。無くて、たまるか!」ともおっしゃいました。
今年ようやく、繰り返し考えてきたなんのために生きているのかという呪縛から外れて、
この何故ならば…の続きを考えていく人生に切り替わりました。そして、たぶんこの何故ならば…は、一人でどないかなるものではないのです。
しあわせも一人では、なれないのです。
苦しいことも、悲しいこともいつか必ず、温かい陽だまりがやってくるのです。
悲しみでいっぱいの人は、笑っていいのです。元気になっていいのです。
そして、それはやはり誰かが運んできてくれるのです。
除夜の鐘が鳴りだしてます。
忘れられない年になりました。

大丈夫!
来年以降は爆笑につぐ、爆笑でヒーヒー言える年になるはずです。なんせ、昇り竜ですから〜♪(´ε` )

あ。(⌒-⌒; )
年賀状、一枚も書いておりません。
け、け、経費削減です…。
お許し下さいませ。
[PR]

by daiko_sus | 2012-01-01 00:01  

<< 謹賀新年 ~絆~ >>